Top > 母体保護法の規定

母体保護法の規定

すべての医療行為、特に手術は、病気の治療の為に行うものです。然し中絶手術だけは今後80年も90年も生きようと言う生命ある胎児を、本人及びパートナーと医師が相談して人工的に中絶しようと言うものですから、極めて特殊な手術です。

日本では医師免許を持っていればどんな手術でも行う事が出来ます。然し、この中絶手術だけは、母体保護法の規定により、学識、技術、経験人格等を毎年厳格に審査されて合格した医師と、規格通りに整備された施設の病、医院だけに認可されるものです。

 

 山代温泉  子宮内膜症  祝儀袋の書き方
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
中絶手術とは(2009年9月16日)
中絶手術について(2009年9月16日)
母体保護法の規定(2009年9月16日)
中絶の費用(2009年9月16日)